麻雀ではどのような賭けが行われるのか

賭け麻雀は法律に反して入るものの、現実的には広く行われているのが事実です。

それでは一体どのようにして、麻雀で書けが行われているのかと言うと方法はいくつもあります。

最も基本となるのが千点棒をいくらとして、最終的な多寡で金銭をやり取りする方法になります。

一般的に麻雀でレートというとこの方法があげられ、千点棒一本が100円の価値を持つとするとピン、50円であればテンゴ、30円ならテンサン、一般の人では行われないような高レートである千点棒が一本1000円はデカピンやピンピンなどと呼ばれます。

フリー雀荘ではおおっぴらには金銭のやりとりをしていないことになっていますから、レートとは呼ばずに風速などぼかした書き方で看板に表記されていることも珍しくありません。

千点棒を基準にしているので精算をするときもわかりやすく、3万点持ちの3万点返しであればゲームが終了したときの持ち点が35000点であれば、5000点プラスになっていた場合、スコア上はプラス5となり基準となるレートごとに金銭の授受が行われます。

百点棒の扱いはルール次第ですが、プラスの場合には切り捨て、マイナスのときには切り上げ、四捨五入や五捨六入などのやり方があり、どのような場合においても千点棒単位にするのが一般的です。

点棒に金銭的な価値を与えるのが、最も基本となる賭け方になりますが、それに加えて順位によっても金銭の支払いが発生する方法もあります。

シンプルなものでは一着と二着はプラス、三着と四着はマイナスとなり、それぞれ事前に決められた金額の受け渡しをするものです。

一着のものには2000円支払われ、二着のものには1000円が支払われる決めだとすると、三着は1000円の支払いになり、四着は2000円の支払いになります。

これは着順による賭け単独で行うことも可能ですし、先程の点棒に価値を与える方法と併用することもできます。

フリー雀荘ではこの両方が組み合わさった方法を用いられることが多く、バラエティに富んだ賭けが行われています。

このふたつが大きなベースとなるやり方ですが、麻雀はそれ以外にも様々なギャンブル要素を取り入れることができます。

特定の和了りに対してボーナスを発生させることで、ギャンブル要素を高めることができるのです。

役満のように特別珍しい和了りに対して、和了った人は周りの人からご祝儀をもらえるルールにしていることは珍しくありませんし、一発や裏ドラ赤ドラの含まれた和了りにご祝儀が発生するのも一般的によく行われています。

さらに珍しいものには、特定の牌を暗槓したらご祝儀が発生すると言ったものもあり、麻雀を賭けの道具に使う場合には、様々な方法を用いることができるのです。

実際に自分がするかどうかは別として、現実的には多くの人が麻雀を賭けの対象としている以上は、どのようにしてギャンブルになっているのかを知っておくことは、決して無駄ではありません。